スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国の課長がくれたご縁

Category : ちょっと前の日々
おつかれさまです マダムです


前回の記事『 刹那主義 』のちょこっと続きです


大手企業をスパッと辞めたマダムは
ささやかだけど大切な夢を叶えるために
約一年、アルバイトをしていました
結局、ほんの入口付近でその夢は絶たれることになりました
周囲は大変に残念がってくれましたが
私自身は夢にチャレンジできた!
ということだけで、そりゃもうすっきりしてました
(その頃の話はまたそのうちゆっくり書きますね)

で。
夢が絶たれた後の問題としては「 じゃあ次は何をしよう? 」
元々、OL業は嫌いじゃなかったので
派遣社員として働くことに決めました

2つの派遣会社に登録してお仕事の紹介を待ちましたが
なかなかお仕事が決まりません

「 私に出来る仕事なんてないのかな・・・ 」

だんだんと自信を無くしてショゲていた私に
「 ぴったりのお仕事が出ました!! 」と
派遣会社が紹介してくれた仕事が
今も働いている企業様との最初の出会いでした


実はこの派遣先様が
交通事故で無くなった課長の
お兄様が働いている会社だったんです



派遣先が決まったことを報告すると
課長の下で一緒に働いていたお姉さんが
「 課長のお兄様がいるはずですよ 」
とお名前を教えてくださり
なんとなく派遣先の新しい上司にお話しました


びっくりされました
お兄様のことをよくご存知だということでした


お話を聞いてみると
全国に何万人という社員のいる大企業の中で
私の派遣された部署と
お兄様のいらっしゃる部署は関係の深い部署でした
不思議なご縁を感じました


そして最初の契約期間中に
お兄様にお会いすることが出来ました

 「 頑張ってくださいね 」

笑顔でそう言ってくださったお兄様の声は課長に良く似ていました


 「 ・・・天国の課長が心配してくれたのかな 」


私は今もそう思ってます


夢を追いかけて会社を飛び出したけど
壁に直面して立ち往生する部下を心配して
亡くなった課長が“ ご縁 ”を授けてくれたのかもしれない
そう思ってます


それから何度も契約が変わり
上司も色々変わりましたが
今のボスも、
今の上司である兄ちゃん部長も、
課長のお兄様とはお仕事で関係があったそうで
お話をした時にはびっくりなさってました

そうやって繋がっている“ ご縁 ”を感じる度、
天国の課長が見守ってくれているような気がします

今の企業での派遣生活も累計で8年を超えました
最初にお勤めした会社の2倍もいることになります
数え切れないほどの多くの会社の中から
この会社との“ ご縁 ”を授けてくれたのは天国の課長かもしれないな
そう思うと
目に見えない力に守られているようでほっと安心できます
天国の課長が見ててくれるからこそ
私はこんなに楽しくお仕事できてるのかもしれないですね


・・・なんて
天国の課長にしてみれば
昔の部下のことなんてとっくに忘れてるかもしれませんが(笑)


でも
自分で勝手にそんな不思議なご縁を感じながら
3つの宴会幹事をかけもちしつつ
マダムは今日も元気に働くのでした☆


今日の東京は寒かった~~~
明日も3月中旬の気温だとか・・・日本が心配です・・・



ランキングに参加しています!

スポンサーサイト

刹那主義

Category : ちょっと前の日々
おつかれさまです マダムです


ブログお友達(きゃー、友達って言っちゃった!)
大地さんからいただいた

「 マダムは刹那主義者のところもあるのでは? 」

というご指摘に自分自身、妙に納得しました


特に今まで自覚したことはなかったけど
確かに
「 現在の瞬間を生きることに全力を尽くすという考え方 」
は私のどこかにあるかもしれません

先天的に生まれ持った部分や
今までに経験した色々なことが積み重なって
今の“ 私 ”を作っているのだと思いますが
特に刹那主義的な考え方については
大きな要因になったであろう出来事がありました・・・


最初に正社員としてお勤めした会社で
私はとても素敵な上司と出会いました

どこがとはうまく表現できませんが、大好きな課長でした
上司として異動してきたのは
私が社会人1年目の途中からだったかな
「 結局受ける仕事なら最初から気持ち良くやるべきだ 」
という今の仕事の姿勢は
その課長から教わったことのひとつです
他にもたくさんのことを教わりました

その頃は
大好きな課長とお姉さんのような先輩と
和気藹々と楽しく充実してお仕事していました



そんなある日、





大好きな課長が 交通事故で亡くなりました





あまりにも突然のお別れでした



昨日まで当たり前にいたのに
昨日の電話の声まではっきり覚えてるのに
課長は ある日突然 いなくなってしまいました


忘れたくても忘れられない
長かったのか短かったのかわからなかった
お葬式までの数日間
今、こうして思い出しても涙が出ます
もう10年も前のことなのに


 誰かがいなくなるって こんなにあっけないことなんだ


それは本当に大き過ぎる衝撃でした


お葬式が済んで何日か過ぎた頃
エレベーターホールで
私や無くなった課長の上司にあたる取締役にお会いしました


取締役がつぶやきました


 「 元気出せよ 」


その声に顔をあげると
取締役はご自分に言い聞かせるかのように
エレベーターのボタンを見つめながら続けました



 「 人間の命なんて いつ なくなるかわからない
   だからこそ
   いつどうなっても後悔しないように
   毎日を一生懸命に生きなくちゃいけないんだ 」



取締役の言葉が沁み込んできました

ちゃんと元気出さなくちゃいけないと思いました

「 君は馬力があるからなー 」と
かわいがってくださってた取締役に
ご心配をおかけしてるのが申し訳なくて
ちゃんと元気を出そうと思いました


同時に取締役の言葉が自分の中に残りました


 「 人間の命なんて いつ なくなるかわからない
   だからこそ
   いつどうなっても後悔しないように
   毎日を一生懸命に生きなくちゃいけないんだ 」


それから一年もしないうちに私はその会社を退職しました
中学生の頃からの小さな夢をかなえるために


 「 もし今死んだら後悔する気がするんです 」


そう言って潔く大企業を辞めてしまいました
全然、後悔してませんけどね(笑)


あの時、
あの課長とのお別れが、
その後で取締役にいただいた言葉が、
きっと私の
「今を精一杯楽しまなくちゃいけない」
という刹那主義的な考えを作っているんだと思います

だからって別に
「今だけ楽しければいい」
とまで割り切ってもいないんですけどね
「今日を楽しむ!そして明日はもっと楽しむ!」
というポジティブな姿勢のほうが強いです
私は友人達からは
前向き解釈の達人と認められているんですよ(えっへん)


あの時、私を救ってくださった取締役も
今では課長と同じ天国に逝ってしまいました
もうお会いできないおふたりに恥ずかしくないように
明るく、元気に、たくましく!!
毎日を精一杯楽しんで生きていきたいと思います
(そりゃまあ腐ることもちょくちょくありますけど・・・)


今日は
ちょっとおセンチな記事になりました。。。



ランキングに参加しています!

派遣はじめて物語Ⅱ

Category : ちょっと前の日々
おつかれさまです マダムです


「派遣はじめて物語」のつづきです


いい感触で登録を済ませたN社なのに
うんともすんともお仕事の紹介がありません


1週間過ぎ・・・不安になってきました


  ちっちゃい派遣会社だと求人が少ないのかなぁ


2週間過ぎ・・・不安は大きくなりました


  私に出来るお仕事なんてないのかなぁ


3週間過ぎ・・・不安はさらに大きくなりました


  他の派遣会社にも登録してみようかなぁ


こうして待っている間に
いいお仕事がどんどん決まっちゃってるのかもしれない


こうして待っている間に
私はどんどん時代から取り残されてるのかもしれない


こうして待っている間に
他のスタッフにばかり仕事を紹介しているんじゃないだろうか?



小さな不安は
どんどん大きな不安になり
なんだかおおげさな被害妄想にまで発展していきました


そんな不安にかられて
大手「S社」に登録して
的外れなお仕事紹介にうんざりしてきた頃
N社からお電話が入りました
登録してからちょうど1ヶ月程経ってました


  「お待たせしてすみません!
   マダムさんにぴったりのお仕事が見つかりました!」



大手S社に疑心暗鬼になっていた私は
ちょっと冷めた気持ちで紹介のお電話を聞いてました


でも
あれ
あれれ
なんか聞いたことあるような仕事だぞ
それ、私やってた!!


紹介内容は 私の経験や希望にぴったりでした


へぇぇ 私が前の会社でやってた仕事って
他の会社でもやってる人がいたんだなぁ と 妙な感心もしたりして
だって
最初の会社で私がやってた仕事って
誰が担当なのかはっきりしないけどでも誰かがやらなくちゃね
みたいな庶務雑事を
せっせと処理するのがメイン業務だったんです
今考えれば
大きな組織になればなるほど、
そういう隙間を埋めるような存在って必要なんですけどね

ご紹介いただいたお仕事は
なんと90%が前歴とぴったりで
コーディネーターさんもなんだかウキウキしてるようです
気持ちよくそのお仕事を希望して
担当営業さんと事前打合せをすることになりました


・・・まだつづく


派遣はじめて物語Ⅰ

Category : ちょっと前の日々
おつかれさまです マダムです


今日は ン年前のマダムの『 派遣はじめて物語 』です


  派遣さんで働いてみよう!


そう思ったマダムは
とら○~ゆで派遣会社を徹底的に検討しました
そこではじめて見つけた「N社」という名前


「都内の大手企業で1700円からのお仕事です」


  ・・・やっぱり時給は大事よね♪
  はじめての派遣だから大手企業のほうが安心だし


会社の規模が小さい分、
細やかなサポートが売りと書いてあります。
そこそこ社歴もあるし、
支店もあるということなのでなんとなく安心


 よし ここにしよう!


まずはそのN社へ登録へ行きました


はじめての登録の印象としては大変に丁寧でした
今までにしてきた仕事内容等々、
コーディネーターさんが丁寧に聞いてくれます

正社員歴たったの4年、
ザ・一般事務だったマダムは
自分に出来る仕事があるんだろうか・・・と
不安でいっぱいでした

パソコンは嫌いじゃないけど
ソフトは典型的OLレベルでしか使えない
経理の知識もないし、特技があるわけでもない
コピー取りやお茶汲みは嫌じゃないけど・・・

そんな話でもコーディーネーターのお姉さんは
熱心に聞いてくれました


  こういうことは経験ありますか?
  やることになったら嫌ではないですか?


色々と細かく質問もされました

1時間くらいかかったのかな
とにかく丁寧に細かく色々お話して登録終了
マダムのはじめての登録は
なかなか好感触で終わりました


  が ここからが長かった


・・・ちょっとつづく


派遣マダム 転機 その3

Category : ちょっと前の日々
おつかれさまです 夏休み中のマダムです♪


ネットで見つけた物件にそそくさと内覧に来たマダムと妹
生まれてはじめての不動産屋さんとの待ち合わせに緊張しつつも
いざ物件へ!!


  あらぁ♪ いいじゃなーい♪


押入れたくさんで収納たっぷりだし、駅から近いし。
え?外壁の色が緑色
住むのは中だから外壁の色なんて関係ないない!
ってかむしろカワイんじゃない??
赤いお花とか育てちゃったりしてー♪


と マダムが素人っぽくきょろきょろ見てる間に
不動産屋さんとなにやら話し込む妹
何故かたじろぐ不動産屋さん


→続きを読む

マダムのプロフィール

マダム

Author:マダム
派遣社員歴10年超の下町ッ娘
業務:なんちゃって秘書
趣味:絵画鑑賞、お昼寝、時々フリマ
特技:宴会幹事
年齢:キレイで元気なアラフォー世代

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
ランキングに参加しています
[ジャンルランキング]
日記
27180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
派遣社員
218位
アクセスランキングを見る>>
リンク
マダム御用達☆

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。